しーままのつぶやき&D80フォト日記

親ばかママの日記です。
Top
水族館でシャチを飼うということ
2008年 09月 20日 |
f0165888_1816659.jpg





昨日、名古屋港水族館のクーが亡くなりました。
夏風邪ということで1ヶ月半位前からお休みしていましたが、心配が現実になってしまいました。
クーは、10年ほど前に和歌山県で「学術研究目的」のために捕獲された5頭のシャチの、
最後の生き残りでした。白浜アドベンチャーワールドにいた3頭は、何年か前に全滅して
いますし、伊豆三津シーパラダイスのアスカさんは去年亡くなりました。
これで、日本で飼育されているシャチは、鴨シーの6頭と、太地のくじら博物館にいるナミちゃん
だけになってしまいました。

心配なのは、また野生のシャチが捕まえられて、水族館に連れて来られるのではないかという
ことなのです。

オスカーの背びれは、以前はピンと伸びてこんなに立派だったのですが、
f0165888_18313773.jpg

数年前からこんなふうに曲がってしまいました。
f0165888_18311777.jpg

水族館の説明では、「健康には全く問題ありません」となっていますが、問題がない事なんて、
証明できませんものね。
水族館で気軽にシャチに会えるのは、私にとっては嬉しいことなのですが、あの狭い水槽で
暮らしているシャチたちが幸せだとは思えないのです。どうしたらいいんでしょうね。
悩ましいことです。
[PR]
by sea-mama | 2008-09-20 18:40 | シャチ |
<< 最後の仕上げ PageTop 9年13万キロ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon